Job Search

通訳・貿易事務(ベトナム)★東京本院で国際部のお仕事 Interpreter / International Affairs (Vietnam)

医療法人社団衣明会

医療法人社団衣明会

Job ID
139545
Location
港区, Tokyo
Post date
Dec 28, 2020
Industry
Health Care & Beauty Care
Function
Export / Import, International Related Business
Work Type
Full Time / Experienced (Non-Manager)
Salary
¥250,000 ~ ¥350,000 / Month
  • Negotiable

Requirements

  • English: Business level
  • Japanese: Business level
  • Vietnamese: Business level
  • Must currently reside in Japan

Description

当クリニックの国際部にて「貿易事務」や「通訳」のお仕事。
衣理クリニック・ベトナム院と連携しながら業務を行っていきます。
また、衣理クリニック表参道に来院される外国人の患者様の通訳業務もお任せします。

■貿易事務
衣理クリニックの片桐衣理院長が開発した化粧品(ドクターズコスメ)「イースペシャル」をベトナムへ輸出する際に必要な書類作成やベトナム支社との調整を行って頂きます。
貿易事務といっても、フォーマットがあるので貿易業務が未経験の方でも心配ありません。

■通訳
「衣理クリニック表参道」へご来院頂く、ベトナム語や英語で会話されるお客様に対して、クリニックへのご予約や施術される際のお客様対応を行って頂きます。
通訳は、クリニックという点で 医療用語が多いので、もちろん事前に医療関係のバックグラウンドがあればスムーズですが、基本は入職後に覚えて頂ければ大丈夫です。

■その他
ベトナム向けのマーケット調査
国内業務サポート
資料作成、事務業務
医療通訳、パンフレット翻訳
など、国際業務に関するお仕事もお任せします。

★社内業務は日本語がメインとなります

【衣理クリニック表参道は】=========
きめ細やかな技術と最新機器を患者様の特性に合わせて融合するクリニック。
院長の衣理先生は、年に取材依頼が200本以上のマスコミ対応しております。

衣理クリニックは2001年に設立し、美容医療をはじめ、最先端総合アンチエイジングクリニックとして、国内拡大のみならず国際戦略へと展開。
国際戦略としてすでにベトナムではクリニック・化粧品販売を12店舗展開しており、また中国のハイエンド顧客層にも支持され年々リピータが増えています。
社内では英語や中国語が堪能な社員が多く、国際的な職場です。

【求める人物像・採用基準】========
<必須>ビジネスレベルの日本語・ベトナム語・英語が問題無い方
日本語能力試験(JLPT)N1
美容が好きな方
コミュニケーション能力のある方
自ら率先して仕事に取り組み先読み力のある方
正確でスピーディーな仕事ができる方
PCスキル必須(Excel・Word)

【勤務地】===============
東京都港区北青山3-5-30 入来ビル4階
◆表参道駅1分
◆明治神宮前駅5分
◆原宿駅7分
◆渋谷駅10分

【勤務時間】===============
10:00~19:00 ★日勤のみ
※朝礼9:40~、夕礼週2回あり
※残業は殆どありません(あっても月10時間程度)

【休日休暇】===============
完全週休2日制(水曜・日曜)
※院内カレンダーにより変動あり
有給
慶弔
夏季
年末年始
GW
産前産後・育児休暇(現在2名:実績多数)

【福利厚生】===============
昇給随時(1ヶ月単位での昇給も実績多数)
賞与あり
各種社会保険完備
医療費補助
インフルエンザ予防接種無料
日替わりランチ支給(無料)
施術・コスメ社販割引有
制服・シューズ無料貸与(常時無料クリーニング対応)
院内研修有(勤務時間内に行います)
スポーツジム無料利用(2社と契約:青山など都内近郊に多数)



The above information is a public job ad. This job ad is neither an offer nor a contract.

Login or register to apply

© 2021 GPlusMedia Inc. All Rights Reserved.

GaijinPot and CareerEngine are trademarks of GPlusMedia Inc. and part of the Fujisankei Communications Group.