Job Search

Ruby Engineer / Ruby エンジニア (expired)

Company
Inbound Technology株式会社
Job ID
130555
Location
Tokyo
Post date
Jan 26, 2019
Industry
Information Technology
Function
Other IT, Internet, Telecommunication
Work Type
Full Time / Experienced (Non-Manager)
Salary
¥6.0M ~ ¥8.0M / Year
  • Negotiable

Requirements

  • Japanese: Business level
  • Visa sponsorship available

Description

#事業内容
次世代金融コンサルティングプラット フォームを開発、展開する会社だ。IT、機械学 習、金融工学、マーケティング、統計、フィナンシャルプランニングな どの知識、技術を駆使して構築したシミュレーションシステムで、金融 機関の窓口で使っているすべてのコンサルティングツールの集合体とイ メージするといいだろう。保険やローン、あるいは金融・投資商品と いった金融サービスを購入する際には、運用見通しや金利、リスクなど のシミュレーションが不可欠だ。膨大なデータを収集し、 テクノロジーとナレッジの粋を集めた高度な処理により、ありとあらゆ るシミュレーションを実施する。


# 職務内容
Railsを用いたサーバサイド開発 AWSもしくはGCPでのwebサーバ運用
【募集背景】 今までtoB中心にやってきましたが、新たなる事業の柱をtoC 領域で作るために新規募集します。
【配属部署】 開発本部
【概要】 まだまだtoC開発経験が豊富ではないので、自由に技術選定出来る 環境があります。
【この仕事で得られるもの】 技術選定、機械学習の知見、金融工学の知

# 必須条件
- Railsを使ったwebサービス開発経験2年以上
- チーム開発経験
- githubを使った開発経験
- toCサービスの開発・運用経験

# 歓迎条件
- Python/golang等の言語への興味・関心
- フロントエンドの開発経験
- gemなどのOSSへのコントリビュート経験
- 大規模トラフィックのあるサービスの運用経験
- クライアント(Swift/Kotlin)の開発経験
- DevOpsの構築経験
- AWSもしくはGCPの使用経験
- マルチクラウドの経験 - リードエンジニアの経験
- エンジニアリングマネージャーの経験

Company description:

Developing "Financial consulting service platform" with machine learning and big data.
Developing a simulation tool to help people manage their financial products such as insurance, bank loan, investment products.etc.
The system has been provided for financial companies and is now focusing on delivering their services to customers directly.

Position title: Ruby Engineer

Requirements:
・Over 2 years experience of web service development using Rails
・Experience of team development
・Experience of development using github
・Experience of development and use of toC service
Salary: 6-8million JPY

The above information is a public job ad. This job ad is neither an offer nor a contract.

This job is no longer available.

Other jobs available at Inbound Technology株式会社

© 2019 GPlusMedia Inc. All Rights Reserved.

GaijinPot and CareerEngine are trademarks of GPlusMedia Inc. and part of the Fujisankei Communications Group.